弁護士に相談する理由


そもそもどうして弁護士に相談しなくてはならないのか、という疑問を抱いた方もおられるでしょうが、交通事故に遭ったあとのことを考えるとその理由はおのずと理解できるでしょう。事故に遭ったあとは保険会社を通じて示談交渉に入ると思いますし、相手方の保険会社から慰謝料などが支払われます。しかし、事故に遭った側からするとどれくらいの慰謝料になるかはまったく分かりませんし、保険会社の言いなりになってしまうこともあります。保険会社はいかにも専門家という顔で話をまとめにきますし、相場よりも安い慰謝料で解決しようとすることもあります。

電卓しかし、こちら側に弁護士が介入しているということが分かれば相場よりも安い慰謝料を支払おうとすることはまずありません。弁護士は法令と判例に精通していますし、法律のスペシャリストですから適切な慰謝料がどれくらいかを理解しています。交通事故問題に強い弁護士ならなおさらでしょう。そのため、保険会社も慰謝料を安くあげようとすることもありません。交通事故は弁護士に相談すべきというのはこうした理由があります。弁護士に相談しているという事実が向こうに伝わるだけでも対応が変わってくることがあります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.